子どもの発熱時のホームケア

Written by

鼻づまりのケア 発熱時のケア インフルエンザ 飲み薬の飲ませ方 座薬の使い方

はじめに

赤ちゃんの平熱は36.5 度〜37.5度が目安です。

1歳を過ぎると、体温調節機能が発達し、平熱は若干低くなるの普通です。とは言え、そこには個人差がありますので、お子さんの平熱を知っておくことは大切なことです。

毎朝、体温を計る習慣があると良いですね🐷

なお、一般的に熱の高さと病気の重さは比例しません。39度を超える高熱だととても心配になると思いますが、実際はそこまで心配する必要はありません。下で説明をするホームケアをするだけでほとんどの場合は大丈夫です。

ただし、次のいずれかに該当する場合は、夜間または休日であっても、救急車を呼ぶなど適切な対応が必要になります。

🚑 大至急受診すべき症状

  1. 水分が取れない・嘔吐が続き脱水状態になっている
  2. 呼吸困難な状態になっている・呼吸が苦しそうな状態になっている
  3. けいれんが5分以上続いている
  4. 意識がなく、呼びかけに反応しない
  5. 3ヶ月未満の乳幼児で38度以上の高熱がある

緊急時に備え、お近くの救急病院がどこにあるか、予めチェックしておくと安心です。

診療外の時間に何か心配なことがあれば「小児救急電話相談」も受けられますので利用してみてください。

小児救急電話相談:#8000(相談時間:365日 20時から翌朝8時)

目次

  1. 発熱の経過とホームケア
  2. 発熱中の生活について
  3. 発熱Q&A

発熱の経過とホームケア

1.熱の上がりはじめ(多くの場合気づかないことも・・😅)


子どもの様子
寒そうにしている、ふるえている、手足が冷たい

ホームケア
普段よりも1枚多めに服を着せる、毛布をかける

2.発熱中


子どもの様子
熱が高い、体が火照っている、呼吸が荒い、口が臭い、顔が赤い

ホームケア
吸水性が高く、しめつけない服を着させる、水分をこまめに与える。
39度以上の高熱の場合は下の絵の部分から体を冷やして熱を下げます。

3.熱が下がってきたら


子どもの様子
汗をかきはじめる

ホームケア
タオルで汗を拭き、こまめに着替えさせる、水分をこまめに与える

熱は一度下がってもぶり返すことがあります。特に、夕方から夜にかけて再び上がり始めることが多いので、1日平熱が続くようになるまでは、体温をこまめに計り、室内で安静に過ごしましょう。

発熱中の生活について

1.食事

食欲が無くなると思いますが、無理に食べさせる必要はありません。ただし、脱水症状を防ぐため、水分補給をしっかりしましょう

発熱時は、水分やカロリーが多くとれ、かつ、口当たりや消化の良いものをあげると良いでしょう。

例)氷ブロック・アイスクリーム(お腹を壊している時はNG)・プリンやゼリー・冷たい豆腐・果物・おかゆ

※離乳食の場合は、いつもより柔らかいものにしましょう。

2.お風呂

機嫌が良く、食欲もあるような場合は、熱があってもシャワーを浴びたり、短時間でさっとお風呂を済ませ、暖かくして寝させてあげるといいです。

ただ、お風呂は体力を消耗します。ぐったりした様子であれば、無理やり入れる必要はありません。その場合は、あせもなどを防ぐため、ぬるま湯にタオルを浸して軽く絞ったもので、体を拭いてあげたり、霧吹きなどでお尻周りだけ洗ってあげても良いでしょう。

3.解熱剤

まず、発熱は根本的に「正常な免疫反応」であるため、高温だからと言ってむやみに解熱剤を使用してはいけません。

ただし、次のような状態であれば解熱剤を利用して、水分補給や栄養補給をしてあげましょう。

  • 38.5度以上でぐったりしている、または、水分がとれていない
  • 38.5度以上で機嫌が悪く、かつ、睡眠や食事が十分に取れていない

なお「座薬(解熱剤)」の使い方について以前ご紹介していますので参考にしてください。

4.室内の温度調節

発熱時は室内の気温を次の通り設定してあげると良いでしょう。

  • ・・・25〜28度
  • ・・・23〜25度(湯たんぽなどで足元を温めてあげるとよい)

冬は乾燥しやすいので、加湿器や濡れたタオルで十分に加湿(湿度目安:40〜60%)をしてあげましょう。また、エアコンを使う時は、冷風・温風がお子さんに直接当たらないよう「風向き」や「子どもの位置」に注意をしましょう。

発熱Q&A

Q高熱が出ている時、温めるべき?冷やすべき?

A寒そうにしていたり、震えていたりしている場合は、熱が上がり始めるサインです。この時は、暖かい格好をさせて、毛布などで温めてあげてください。

熱が高くなりきったら、薄着にして熱を放散させてあげてください。熱がこもると逆に体力を消耗してしまいます。高熱時は、子供が気持ちよさそうにするなら、脇の下や脚の付け根を冷やしてあげてください。

鼻づまりのケア 発熱時のケア インフルエンザ 飲み薬の飲ませ方 座薬の使い方