ぼくのいす?|教育画劇

       
ぼくのいす?
       

この絵本のジャンル

動植物動物

子どもの反応

年齢性別反応
2歳 6ヶ月 ★★★★☆
1歳 0ヶ月 ★★★★☆

絵本の紹介

小さいいす、大きいいす、高いいすに長いいす。大小、長短、高低などの感覚を教えることができます。 最後に見つけたぼくのいすは・・。 結末に、ほっこりと癒される絵本です。

感想

絵を担当しているaccototoさんの絵は色使いがはっきりしており、小さな子供が好む絵です。 また、この本にはたくさんの動物が登場するため、低月齢の娘も興味を示して、指差ししながら楽しんでいました。 2歳半の息子は、大小や長短の感覚を理解しているため、いろんないすに興味深々でした。

工夫したこと

ぼくのいすを探しているくまちゃんが、ボールに座ってバランスを崩すシーンでは、子供を抱き上げて体を揺らしたり、かめに座るシーンでは、子供を自分の背中に乗せてゆっさゆっさと動いてみたり、一緒に体を使って読みながら、絵本を楽しみました。