猫のお医者さん

Written by

息子が通う保育園では、毎年「生活発表会」といって、それぞれのクラスで劇やお歌といった出し物を、親たちに披露する行事があります。
息子が0歳児クラスだった昨年は、舞台上で泣き叫ぶ子、緊張で固まる子が大半で、我が子も例外ではなく、無表情アンド棒立ちの状態。
さて今年はというと・・・。
猫のお医者さんの恰好をして舞台上の真ん中に立つ息子。
リズムに合わせて楽しそうにジャンプするお友達の中、息子は薄笑いを浮かべて、その場でもじもじ、もじもじ・・。
今年もこのまま終わるのかと諦めかけた時、彼の「ニャー!!」という大きな声が聞こえました。
最後、患者さんにお薬を渡すシーンでは、我先にと前に出て、その姿はとても生き生きとしていました。
息子の成長を感じ、とても嬉しい1日となりました。